眼瞼形成術(重瞼)|八尾市の眼科 おおしま眼科池本クリニック|桜ヶ丘クリニックビル

5/1(火)よりお電話いただけます

近鉄八尾駅 北出口より徒歩6分

眼瞼形成術

眼瞼下垂手術(健康保険適用)

まぶたが下がって目が思いどおりに開かない状態が眼瞼下垂です。ただ、これは疾患ではなく症状の呼び名です。そのため、年齢相応の眼のまわりのたるみととらえる方もいて、病気と認識されずに放置されることもよくあります。

この症状の原因としては、先天性、加齢性、コンタクトレンズの長期装用、内眼手術後、外傷、神経麻痺性など様々あります。

うまく目が開けられないと見た目の印象として、眠たそうに見えるといった外見のことで気になる方もいるかと思われますが、眼瞼下垂手術は、まぶたが下がって目が思いどおりに開かない状態を治す手術になります。

手術を行うことでまぶたが開くようになれば外見が改善されるのはもちろんですが、そのほかにも、まぶたが重かった時に目を大きく開けようと無意識に使っていた筋肉を使わなくて済むことで頭痛や肩こりなどの症状が改善されるといったこともあるようです。視野をはじめとする患者様の視機能が改善されるほかにも、QOL(=Quality of life 生活の質)向上につきましても期待ができます。

眼瞼下垂の治療法

腱膜前転術

まぶたを引き上げる筋肉(眼瞼挙筋)の腱膜を瞼板に縫いつけ固定する方法です。

挙筋短縮術

眼瞼挙筋の先にある挙筋腱膜の一部を切り取り、腱膜の長さを短くして瞼板に縫合することによりまぶたをあげる方法です。

眼瞼皮膚切除術

まぶたの皮膚のたるみが強く下垂している場合に、余っているまぶたの皮膚を切り取る方法です。

当院での眼瞼下垂手術の特徴は、炭酸ガスレーザーを用います

炭酸ガス(CO2)レーザー技術を眼瞼手術に応用することで、術中の出血がほとんどなく、術中・術後とも眼瞼の発赤、腫脹、疼痛を極めて軽度にすることができます。

手術の注意点

  • 片眼の手術の場合でも、手術中の両眼の瞼裂幅のバランスにより、患者さんの了承を得られれば、両眼同時手術に変更する場合があります。また、両眼の同時の手術予定であっても、重症度の高い方の眼の手術後、両眼の瞼裂幅のバランスが良ければ、片眼のみの手術になることもあります。
  • なるべく傷が目立たず、自然な仕上がりになるように配慮しておりますが、手術は美容形成が目的ではなく、あくまでも眼瞼の機能回復を目的とした手術であることをご理解ください。
炭酸ガスレーザー手術装置
  • 高額医療費手術給付金について
  • おおしま眼科
  • かわさき眼科
  • 小川内科・糖尿病内科クリニック
  • 情熱医療 プロフェッショナルドクター
072-975-6011

ページ
TOPへ