医師紹介|八尾市の おおしま眼科池本クリニック|八尾市 東大阪 松原市

5/1(火)よりお電話いただけます

近鉄八尾駅 北出口より徒歩6分

医師紹介

院長・執刀医 池本 淳子

大島眼科池本クリニック 院長 池本 淳子

当院では最新の極小角膜切開による無縫合白内障手術のみならず、多焦点眼内レンズによる老眼治療、そして、網膜硝子体疾患の日帰り手術専門施設にふさわしく、網膜剥離などの緊急性を要する疾患にも迅速に対応できる体制と最先端の手術設備を整えました。

また、糖尿病や全身疾患からくる目の病気に関しても、内科専門医と連携しながら幅広く受け入れ、正確な診断と的確な治療を行っていきたいと思います。

小児眼科については、国内ではまだ数少ないクリニックベースでの専門外来を構築し、小児の斜視・弱視治療だけでなく、オルソケラトロジーによる近視抑制治療についても、専門医としての最適な助言と治療の選択肢を提供してきたいと考えています。

経歴

2001年
福井大学医学部 卒業
京都府立医科大学眼科学教室入局
2002年
京都府立医科大学付属北部医療センター
2003年
宇治徳洲会病院
2004年
山形井出眼科病院
2005年
済生会滋賀県病院 医長
2009年
京都中部総合医療センター 医長
2013年
東近江市立能登川病院 主任部長
2018年
おおしま眼科池本クリニック 院長

資格

  • 日本眼科学会眼科専門医
  • オルソケラトロジー認定医
  • ボトックス治療認定医
  • 視覚障碍者用補装具適合判定医師

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本小児眼科学会
  • 日本弱視斜視学会

理事長・執刀医 大島 佑介

医療法人聖佑会理事長 大島 佑介

日帰り手術を安全かつ確実にするためには、高度な技術を有する経験豊富なエキスパートによる執刀がキーとなります。

当院では、白内障手術のみならず、より高度な技術を必要とする網膜硝子体手術も日帰り手術で行い、緊急度の高い網膜剥離などの手術は随時対応いたします。

医療法人グループにおいて年間2500例以上の内眼手術を執刀しながら、国内外で講演や手術ライブもこなし、数々の受賞歴を持つ大島 佑介医師がプレミアム白内障手術のスペシャリストとして池本院長と診療・手術部門を担当致します。南大阪地区の眼科医療の中核施設となるよう外来診療と手術の両面で専門性を高め、地域の皆さんから信頼される眼科クリニックを目指してまいります。

経歴

1992年
大阪大学医学部 卒業
大阪大学医学部眼科学教室 入局
1993年
多根記念眼科病院
1994年
淀川キリスト教病院
1997年
大阪労災病院
1999年
大阪大学大学院医学系研究科臓器制御学専攻(博士課程)
京都大学再生医科学研究所(国内留学)
2003年
大阪大学大学院医学系研究科眼科学教室 助手
2010年
大阪大学大学院医学系研究科眼科学教室 講師
2013年
医療法人社団 済安堂 西葛西 井上眼科病院 副院長
2014年
おおしま眼科クリニック(高槻市) 院長
  • 中国南開大学医学院 客員教授
  • 京都府立医科大学眼科学教室 客員講師

資格

  • 医学博士
  • 日本眼科学会専門医
  • PDT認定医
  • オルソケラトロジー認定医
  • 視覚障碍者用補装具適合判定医

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本眼科手術学会
  • アメリカ眼科アカデミ (AAO)
  • アメリカ白内障・屈折矯正学会 (ASCRS)
  • アメリカ網膜専門医学会(ASRS)

受賞歴

2018年
アジア・パシフィック眼科学会総会(APAO)にて「Achievement Award」を受賞
2016年
米国ベストドクターズ社から医師同士の評価によって選ばれる「Best Doctors in Japan 2014-2015,2016-2017」に二期連続で選出
2014年
米国網膜専門医学会(ASRS)にて「Honor Award」を受賞
2010年
米国眼科学会(AAO)にて「Achievement Award」を受賞
2009年
アジアパシフィック白内障・屈折矯正学会(東京)にてフィルムアワードを受賞
2008年
イタリア白内障・屈折矯正手術フィルムフェスティバル(ミラノ)にてグランプリ受賞
2007年
ヨーロッパ白内障・屈折矯正学会(ストックホルム)にてフィルムアワードを受賞
2006年
日本眼科手術学会・ファイザー眼科手術フィルムアワード(東京)にてグランプリ受賞

理事 川崎 佳巳

医療法人聖佑会理事 川崎 佳巳

患者さんにわかりやすい医療を心掛け、特にコミュニケーションを大切にしながら、最先端の医療サービスの提供とともに、正確な知識や情報が患者さんに伝わるように努めてきました。今後もこの変わらぬ姿勢を貫き、これまで二十数年間の眼科専門医として得た知識、経験、技術を活かしつつ、各方面のエキスパートの医師と連携しながら、老視治療を含めた最先端の白内障手術のみならず、緑内障や糖尿病網膜症などの慢性疾患の治療、加齢黄斑変性患者への生活習慣指導にも力を注いでいます。

また、抗加齢医学の立場から眼のバックエイジング治療や視力回復が困難な方へのロービジョンケアまで、眼の健康や病気に対するトータルマネジメントを患者さんに提供すべく、献身的に努力いたします。

経歴

1990年
和歌山県立医科大学医学部 卒業
大阪大学医学部眼科学教室 入局
1991年
松山赤十字病院
1993年
八尾市立病院
1995年
大阪大学大学院医学研究科外科系専攻(博士課程)
1999年
宝塚第一病院 医長
1999年
カリフォルニア大学サンフランシスコ校 研究員
2002年
大阪けいさつ病院 医長
2005年
市立堺病院 副部長
2006年
宝塚第一病院 主任部長
2016年
かわさき眼科クリニック(高槻市) 院長

資格

  • 医学博士
  • 日本眼科学会眼科専門医
  • 視覚障碍者用補装具適合判定医師
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • NR・サプリメントアドバイザー

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本抗加齢医学会 評議員
  • 臨床コーチング研究会 幹事
  • 高額医療費手術給付金について
  • おおしま眼科
  • かわさき眼科
  • 小川内科・糖尿病内科クリニック
  • 情熱医療 プロフェッショナルドクター
072-975-6011

ページ
TOPへ