老眼・老視の治療(多焦点眼内レンズ)|八尾市の眼科 おおしま眼科池本クリニック|桜ヶ丘クリニックビル

5/1(火)よりお電話いただけます

近鉄八尾駅 北出口より徒歩6分

老眼・老視の治療(多焦点眼内レンズ)

眼内レンズの種類

※ 白内障手術ではほとんどの場合、眼内レンズを挿入します。

種類 多焦点レンズ 単焦点レンズ
費用 完全自由診療 保険診療
レンズ
度数の
精度
0.01D 間隔
完全オーダーメイド
乱視矯正可能 など
0.5D 間隔
特性
  • 遠方と近方の両方が見えます
  • 眼鏡の装用頻度がかなり減ります
  • ただし、他の眼科疾患がある場合は多焦点レンズを選択できないことがあります
  • 焦点は遠方か、近方かの、一か所になります
  • ほとんどの場合、眼鏡が必要になります

老眼老視の治療(多焦点眼内レンズ)

白内障手術では、白く濁った水晶体を切除して、水晶体に代わる人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入しますが、その眼内レンズは大きく分けて、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの2種類あります。

ただ多くの場合、白内障手術では単焦点の眼内レンズを選択する患者様がほとんどです。単焦点眼内レンズでは、ピントが合う焦点というのは1点だけです。そのため、遠くをよく見えるようにしたいという場合は、近方にピントを合わせることができないので、老眼鏡をかける必要があります。また、近くをよく見えるようにしたい場合は、遠方にピントを合わせることが困難になるので、メガネによる矯正を行うことになります。

このように単焦点眼内レンズでは、どちらのピントが良いかを選ぶわけですが、そのような欠点を補うべく、できるだけ眼鏡をかけずに1つのレンズで近くでも遠くでもピントが合うレンズが欲しいというニーズに応えて開発されたのが多焦点眼内レンズです。

このように多焦点眼内レンズは、多くの患者様が期待するレンズではありますが、希望する全ての方に適性があるわけではありません。当院で白内障手術を受ける患者様は、ご自身の生活環境に一番適している眼内レンズをお選びいただくことが第一と考えていますので、まずは適性検査を受けて頂き、個々の検査データーに基づいて執刀医とよく相談して最終的なレンズ選択を決定しています。

診断の結果、角膜乱視や他の眼科疾患など様々な理由で「お勧めできない」と判断する場合もありますのでご了承ください。実際に多焦点眼内レンズを希望する10%ほどの患者様には、別の眼内レンズによる白内障手術を提案しています。

当院で使用している多焦点眼内レンズ(老眼治療)の種類と特長

▼表をクリックするとPDFで表示されます

当院で使用している多焦点眼内レンズ

アクリソフレストア ナチュラルシングルピース(Alcon社):先進医療適応

アメリカのアルコン社の回折型多焦点眼内レンズ(ReSTOR)です。アクリル製で、遠くと近くに焦点が合うよう設計されたレンズです。国内で最もよく選択されている多焦点レンズの一つであり、アポダイゼーションと呼ばれる光学デザインにより瞳孔径が大きくなるほど遠くへの光配分を大きくし、不快なグレア・ハローを軽減します。

今まで全ての多焦点眼内レンズで不得意と言われていた中間距離(50cm~70cm)の見え方も強化されて、非球面構造による像のボケの軽減と黄色い着色による網膜保護効果を兼ねそなえています。ただし、暗い所での近方視力がやや不良になる(薄暮視)可能性があり、微妙な色彩の濃淡の違いを区別しづらいこと(コントラスト感度の低下)が稀にありますので、夜間運転を職業にされている方や色彩を取り扱う専門職の方にはやや不向きです。また角膜乱視を同時に矯正できる多焦点トーリックレンズが一昨年より一時的に中止しておりますので、強い角膜乱視を有する方では適応しづらい可能性があります。

当院のこれまでの経験では、角膜乱視が少ない中高年層の新聞や読書が好きな方、料理や家事などで近見視力を重視する主婦の方には大変満足されているレンズであります。また、先進医療保険を適応して多焦点レンズを選択される場合にはよく用いられるレンズです。

テクニスマルチフォーカル・シングルピース(AMO社):先進医療適応

アメリカのAMO社の回折型多焦点眼内レンズ(通称:テクニスマルチ)です。アクリル製で、遠くと近くに焦点が合うよう設計されたシングルピースの眼内レンズです。Alcon社のレストアナチュラルと並んで国内でよく選択されている多焦点レンズの一つであり、透明に近い着色薄いレンズのため、他社の着色レンズのような暗い所でのコントラスト感度の低下が少ないと評価されています。しかし、角膜乱視を矯正できないので、強い角膜乱視を有する方では適応しづらい可能性があります。

2016年より近見視の加入度数のバリエーションが増え、近方視力を30cmが焦点中心となる加入度数(+4D)、40cmが焦点中心となる加入度数(+3.25D)、さらには50cmが焦点中心となる加入度数(+2.75D)を選択することができるので、左右眼に異なるタイプのレンズの選択(マイクロモノビジョン)を検討している方、パソコンなど仕事で中間視力を重視する方、新聞や読書が好きな方、料理や家事などで近見視力を重視する主婦の方、個々のライフスタイルに合わせて選択することが出来るのがメリットです。当院では、先進医療保険を適応して多焦点レンズを選択される場合には、前述のアルコン社の?ストアと同じくよく用いられるレンズです。さらに、最近では近方視がやや弱いが、遠方から中間距離までの見え方がより自然で、コントラスト感度の低下を最小限に抑えた「シンフォニー」と呼ばれる新しいタイプのレンズが上梓され、PC作業などのデスクワーク中心のお仕事あるいは夜間運転の頻度の高い方には良い選択肢となるレンズです(次段をご参照ください)。

テクニスシンフォニー オプティブルー(AMO社):先進医療適応

2017年に国内発売されたアメリカのAMO社の最新型の多焦点眼内レンズ(通称:シンフォニー)です。焦点拡張型(Extended Depth of Focus:EDOF)と呼ばれるタイプの多焦点眼内レンズです。アクリル製のこの眼内レンズの特徴は、色収差を補正することで従来の回折型多焦点眼内レンズに比べて、コントラスト感度の低下を軽減し、レンズ光学部の回折溝の形状、間隔、高さなどを最適化することで焦点深度(ピントの合う幅)を拡張しています。

したがって、遠方から中間距離までの見え方がより自然で、コントラスト感度の低下が少なく、従来の回折型多焦点眼内レンズよりグレア・ハローを軽減できるため、デスクワーク中心のお仕事や夜間運転の頻度の高い方には適応しやすいレンズです。一方、近方視がやや弱いので、読書が趣味など近方を重視される方には適応しにくい可能性はあります。

このレンズの登場で、これまで夜間運転やコントラスト感度が問題視された多焦点眼内レンズが、より多くの患者様のニーズに合ったレンズを選択いただけるようになりました。

LENTIS Mplus レンティスエムプラス (oculentis社):先進医療非適応

ドイツオキュレンティス社で開発された完全オーダーメイドの多焦点眼内レンズで、遠方部分と近方部分の境目がなく遠方から近方までがスムーズにつながって見えるのが特徴です。 コントラストの感度が良好で、光学的な光のロスが少なくグレア・ハローも出にくくなっています。ただし、ごく稀ですが、ワキシービジョン(何となくすっきりしない、ワックスがかかったような見え方)を感じることがあります。

乱視も同時に矯正できるレンズもあり、0.01Dまで細かく対応していますので、白内障手術でもっとも懸念されているレンズ度数の狙いと実際の誤差がもっとも少ないレンズであると言えます。レンズはすべてオーダーメイドになりますので、注文してからレンズが日本に届くまでに最低でも4~6週間の時間がかかりますが、ご自身の目のサイズに一番ぴったりと焦点の合った眼内レンズを手に入れることができます。

ファインビジョン(PhysIOL社):先進医療非適応

ファインビジョン(FINE VISION)は、PhysIOL社(ベルギー)から2011年に発売された、遠見と近見以外に、中間距離にも焦点を持つ3焦点型の多焦点眼内レンズです。レンズ特性はアポダイズド回折型で非球面デザイン、遠くと近く、遠くと中間距離の2種類のバイフォーカル(2重焦点)レンズを組み合わせた二重構造になっているため、遠く、中間、近くが見えるレンズになっています。回折型多焦点レンズのうち、光学的エネルギーロスが最も少ないため、コントラスト感度が他のレンズよりもかなり良好です。材質は親水性アクリル、ブルーライトと紫外線をカットする着色レンズであり、アポダイズド構造によって、グレア、ハローがかなり軽減されます。角膜乱視を矯正できるトーリックタイプが推奨されています。

このレンズも注文してからレンズが日本に届くまでに約4週間の時間がかかりますが、遠方、近方のみならず、デスクワークに不可欠な中間距離もはっきり見えるため、おそらく現在国内で選択できる明視域の最も広く、各距離とも眼鏡を必要とする頻度が最も少ないレンズであると思われます。そのためか、国内外とも眼科医自身が白内障手術を受けた際に選択された実績が高く、当院でもファインビジョンが最もよく選ばれています。ただし、眼内レンズの製造度数には限界があり、稀に近視度数が極めて強い方には対応できるレンズ度数がないことがあります。

ミニウェル・レディー(SIFI MedTech社):先進医療非適応

ミニウェル・レディーはイタリアのSIFI MedTech社で開発された従来の回折型や屈折型と全く異なる新しいタイプの多焦点眼内レンズです。プログレシブ眼内レンズ((Progressive IOL))と呼ばれるレンズ光学構造は、球面収差の原理を利用しており、近方距離がやや弱いものの、遠方から中間距離まで連続して良好な明視域を保持することを実現した世界的に注目度の最も高い多焦点眼内レンズの一つです。従来の多焦点眼内レンズの宿命とされているグレアやハローといった自覚症状やコントラスト感度の低下が全くなく、ヒト水晶体眼に最も近い自然な見え方を実現した多焦点眼内レンズです。これまでグレア・ハローの影響やゴーストビジョンなどの懸念のため、回折型や屈折型の多焦点レンズともに適応が難しかった夜間ドライバーの方や片眼のみが白内障で手術をご希望される方には新たな福音となります。

しかし、現在のレンズは角膜乱視を矯正できないので、強い角膜乱視を有する方では適応しづらい可能性があります。このレンズも注文してからレンズが日本に届くまでに約4~6週間の時間がかかります。

多焦点眼内レンズの治療費は所得税の医療費控除が受けられます

年間の医療費自己負担額が10万円を超えた場合、確定申告時の医療費控除が得られます。詳しくは下記の国税庁による回答ページをご覧下さい。

Add-On眼内レンズで、既に白内障手術を受けている方も矯正が可能

すでに白内障手術を受けたものの、近視や遠視、または乱視が残って、見え方に満足されていない方にお勧めなのが、「Add-0n眼内レンズ」です。

これは、白内障手術で挿入した眼内レンズの上に追加で挿入する2枚重ね用レンズで老眼を治したいという方にも対応できます。詳しくは当院までお尋ねください。

  • 高額医療費手術給付金について
  • おおしま眼科
  • かわさき眼科
  • 小川内科・糖尿病内科クリニック
  • 情熱医療 プロフェッショナルドクター
072-975-6011

ページ
TOPへ