老眼・老視の治療(多焦点眼内レンズ)|八尾市の眼科 おおしま眼科池本クリニック|桜ヶ丘クリニックビル

072-975-6011

老眼・老視の治療(多焦点眼内レンズ)

眼内レンズの種類

※ 白内障手術ではほとんどの場合、眼内レンズを挿入します。

種類 多焦点レンズ 単焦点レンズ
費用 完全自由診療 保険診療
レンズ
度数の
精度
0.01D 間隔
完全オーダーメイド
乱視矯正可能 など
0.5D 間隔
特性
  • 遠方と近方の両方が見えます
  • 眼鏡の装用頻度がかなり減ります
  • ただし、他の眼科疾患がある場合は多焦点レンズを選択できないことがあります
  • 焦点は遠方か、近方かの、一か所になります
  • ほとんどの場合、眼鏡が必要になります

老眼老視の治療(多焦点眼内レンズ)

白内障手術では、白く濁った水晶体を切除して、水晶体に代わる人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入しますが、その眼内レンズは大きく分けて、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの2種類あります。

ただ多くの場合、白内障手術では単焦点の眼内レンズを選択する患者様がほとんどです。単焦点眼内レンズでは、ピントが合う焦点というのは1点だけです。そのため、遠くをよく見えるようにしたいという場合は、近方にピントを合わせることができないので、老眼鏡をかける必要があります。また、近くをよく見えるようにしたい場合は、遠方にピントを合わせることが困難になるので、メガネによる矯正を行うことになります。

このように単焦点眼内レンズでは、どちらのピントが良いかを選ぶわけですが、そのような欠点を補うべく、できるだけ眼鏡をかけずに1つのレンズで近くでも遠くでもピントが合うレンズが欲しいというニーズに応えて開発されたのが多焦点眼内レンズです。

このように多焦点眼内レンズは、多くの患者様が期待するレンズではありますが、希望する全ての方に適性があるわけではありません。当院で白内障手術を受ける患者様は、ご自身の生活環境に一番適している眼内レンズをお選びいただくことが第一と考えていますので、まずは適性検査を受けて頂き、個々の検査データーに基づいて執刀医とよく相談して最終的なレンズ選択を決定しています。

診断の結果、角膜乱視や他の眼科疾患など様々な理由で「お勧めできない」と判断する場合もありますのでご了承ください。実際に多焦点眼内レンズを希望する10%ほどの患者様には、別の眼内レンズによる白内障手術を提案しています。

当院で使用している多焦点眼内レンズ(老眼治療)の種類と特長

▼表をクリックするとPDFで表示されます

当院で使用している多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズの治療費は所得税の医療費控除が受けられます

年間の医療費自己負担額が10万円を超えた場合、確定申告時の医療費控除が得られます。詳しくは下記の国税庁による回答ページをご覧下さい。

Add-On眼内レンズで、既に白内障手術を受けている方も矯正が可能

すでに白内障手術を受けたものの、近視や遠視、または乱視が残って、見え方に満足されていない方にお勧めなのが、「Add-0n眼内レンズ」です。 これは、白内障手術で挿入した眼内レンズの上に追加で挿入する2枚重ね用レンズで老眼を治したいという方にも対応できます。詳しくは当院までお尋ねください。

  • 高額医療費手術給付金について
  • おおしま眼科
  • かわさき眼科
  • 小川内科・糖尿病内科クリニック
  • 情熱医療 プロフェッショナルドクター
072-975-6011
© おおしま眼科池本クリニック All rights reserved.

ページ
TOPへ