網膜疾患|八尾市の眼科 おおしま眼科池本クリニック|桜ヶ丘クリニックビル

072-975-6011

網膜疾患

網膜剥離

目の奥の網膜という神経の膜組織が剥がれてしまい、視野と視力障害を引き起こす病気です。網膜ははがれても痛みはありませんが、治療せずに放置すればしだいに見えなくなり失明に至ってしまう怖い病気です。

糖尿病網膜症

糖尿病は全身のさまざまな部位で血管が詰まり、組織が傷んで障害を起こす病気ですが、この糖尿病の3大合併症の1つが糖尿病網膜症です。網膜の毛細血管が閉塞して血のめぐりが悪くなり、硝子体の出血や黄斑部の浮腫、さらに進行すると牽引性の網膜剥離を起し視力が低下します。糖尿病は慢性疾患なので、血糖値があがらないようにしっかり内科的治療をするのと同時に定期的な眼科の通院で糖尿病網膜症の進行を見逃さないことが重要です。

網膜静脈閉塞症

網膜全体に分布する血管に網膜静脈があります。網膜静脈が視神経内の根元や動脈と静脈が交差しているところで閉塞してしまう病気です。 眼底には閉塞部から放射線状や扇形に広がる網膜出血が認められます。 網膜の中心である黄斑部に、血管閉塞が広がらなければ無症状のこともありますが、黄斑部にまで閉塞が広がると黄斑浮腫を生じ、視力が低下します。網膜静脈閉塞症には、根の部分が閉塞し網膜全体に出血する網膜中心静脈閉塞症(CRVO)と、一部が閉塞し網膜の限局した部位に出血する網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)があります。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は高齢化社会の進行に伴い、患者さんが急増している病気です。加齢が原因で起こる目の病気で、ものを見るために最も重要な黄斑部に出血や水がたまり、視力が低下する進行性の病気です。加齢黄斑変性は欧米の失明原因の第一位を占める疾患で、現在わが国の失明原因の4位に挙げられます。今後超高齢化社会ではより一層に患者数が増加することが予想されます。

  • 高額医療費手術給付金について
  • おおしま眼科
  • かわさき眼科
  • 小川内科・糖尿病内科クリニック
  • 情熱医療 プロフェッショナルドクター
072-975-6011
© おおしま眼科池本クリニック All rights reserved.

ページ
TOPへ