手術のご案内 | 八尾市の眼科 おおしま眼科池本クリニック|日帰り手術

072-975-6011

手術のご案内

日帰り手術の意義とメリット

眼科手術はここ数年来の低侵襲化の進歩が目覚ましく、大多数の手術は局所麻酔でほとんど痛みもなく短時間で終了するので、術前の絶食・休薬や長期間の術後安静の必要がなくなり、術後数時間で普通に歩行していただいたり、日常生活で支障なく動くことが可能です。そのため、医療保険費の高い欧米では、眼科手術での病床負担金の割り当てはなく、日帰り手術のスタイルが一般的であります。日本においても、ここ数年来で白内障に特化した日帰り手術の普及がかなり進んできています。

医療法人聖佑会グループでは2014年2月の「おおしま眼科クリニック」より発足以来、長年にわたり大学病院や眼科専門病院で培ってきた先端技術と臨床経験を生かして、超音波白内障手術レーザー眼瞼形成手術はもちろんのこと、専門性の高い網膜剥離や黄斑疾患に対する網膜硝子体手術から緑内障インプラント手術まで、すべての眼科手術を日帰り手術の形式で行っております。幸いにも地域の患者様と先生方に「手術のクォリティー」に対する高い信頼が得られて、現在ではグループ全体で年間2,500件を超える手術を行う、日帰り眼科手術専門施設にまで成長することができました。これまで手術させて頂いた患者様の約4割が他の医療施設からの紹介患者様ですので、今後とも皆様からの信頼を糧に患者様一人ひとりの視力回復の「質」を極める眼科手術を継続して参りたいと存じます。

これまで当グループでの日帰り手術をご選択された患者様には、全身疾患がなく比較的に健康で入院したくない方がもちろん一番多いのですが、これ以外では日帰り手術の恩恵が高い患者背景として、手術を急がれる方お仕事の大変忙しい方、介護が必要な同居家族がいる方、透析中の方、独り身で煩雑な入院手続きが困難な方、そしてペットのいる方などがいらっしゃいます。とりわけ、70歳以上で手術を受けられる場合には、医療費の自己負担額が入院に比べ20%程度少なくなるメリットがございます。

このように日帰り手術はたいへん魅力的ですが、残念ながら短所や限界もあります。患者様の背景として、重い全身疾患を患っている場合では、短時間の眼科手術といえども、術前後に内科による全身管理が必要なことがありますので、入院のうえ眼科と内科が連携して治療にあたる方が安全と思われます。また、重症度の高い外傷や増殖性疾患で長時間の手術が予想される場合や重度の認知症を有する患者では、全身麻酔での手術がより安全と思われます。この場合、全身麻酔後の管理は患者自身やご家族だけでは困難ですので、やはり入院手術の方が好ましいと考えられます。

当クリニックでは、日帰り手術を希望される患者様に対して、熟練した手術技量と最先端の医療設備の元での安全かつ良質な医療サービスを真摯に提供できるようにスタッフ一同心がけております。また、遠方からの紹介患者については、白内障手術の場合は術翌日より紹介元で術後診察を受けて頂くことも可能です。網膜剥離などの硝子体手術の場合は、当日はクリニック近くの宿泊施設に一泊していただき、翌日の診察で病状が安定していると判断した場合には、その翌日より紹介元で受診する選択肢もありますので、当院もしくは受診中のクリニックとご相談ください。

手術のご案内

「手術室は世界最先端レベルの器械と設備」
当院の手術室は最新の手術機械とクリーン設備を備えており、一般の白内障をはじめ、難治性白内障や網膜硝子体疾患など、その他の様々な疾患に対して高い専門技術をもって手術を行っています。手術は基本的に水曜日に行っておりますが、網膜剥離などの緊急性を要する疾患の手術は可能な限り随時対応します。

手術に関しましては、事前に患者様ご本人又は同伴のご家族に対して、院長もしくは執刀医よりご説明させていただきます。ご不明な点やご質問などございましたらお気軽にご相談ください。患者様が安全かつ安心に手術を受けていただけるようにスタッフ一同努めてまいります。

当院で行っている日帰り手術

白内障手術

一般白内障手術・難治性白内障手術(多焦点眼内レンズ取り扱い)

屈折矯正手術

有水晶体眼内レンズ(フェイキックIOL)、ICL(後房型フェイキックIOL)

硝子体手術(25&27ゲージシステムによる無縫合小切開硝子体手術)

黄斑円孔、黄斑前膜、黄斑浮腫、糖尿病網膜症、硝子体出血、網膜剥離、増殖硝子体網膜症、網膜中心静脈閉塞症、網膜静脈分枝閉塞症、網膜下出血、硝子体混濁

緑内障手術

線維柱帯切開術、線維柱帯切除術(インプラント併用)

眼瞼形成術(炭酸ガスレーザーによる出血しない手術)

眼瞼下垂手術、下眼瞼内反症手術

眼科一般手術

翼状片、結膜弛緩症、ものもらい(霰粒腫・麦粒腫)など

患者様の不安・緊張を和らげるために

眼科の手術はほとんどが局所麻酔の意識がある状態で行われるため、患者様は緊張や不安を感じながら手術を受ける方もいらっしゃると思います。

その中で患者様が何に一番不安を感じられるのか、今までの経験の中で患者様がおっしゃることは、「手術中にどんなことをされるかわからないことに不安を感じた」というお声です。当院では、希望される患者様には、手術前にどのような流れで手術が行われるのか、患者様自身がご理解、納得されるまでご説明を行い、不安や緊張が少しでも和らぐことができるように努めています。

また、スタッフ一同患者様の心理状態をできるだけ理解することに心がけ、より良い状態で手術を受けていただけるようにサポートいたします。

少しでもリラックスした環境で手術を受けていただくために

手術は誰でも多少は緊張するものです。少しでも不安な気持ちを和らげ、リラックスした状態で受けていただくために、手術室はBGMを流しています。また、肌寒く感じられる方にはタオルケットを用意し、保温にも努めています。

クリーンな手術室で安全性の高い医療を

手術で使う機器・器具の管理、感染予防対策はもちろんのこと、手術室は陽圧構造になっており埃や塵を除去する特別な換気システムでウイルスなどの感染予防をしっかり行うことにより清潔な手術室環境を保っています。手術室の実際のクリーン度測定を専門の業者により定期的に行っており、また、万一の手術装置の不調に備えて、バックアップの手術装置を常備しています。さらには、地震災害などで停電した状況下でも手術が数時間は継続できるように、無停電装置を設置しております。

高額療養費制度について

手術費などの高額な治療費の一部が還付される制度があります。医療費が高額になった場合、一定の自己負担限度額を超えた部分が払い戻される高額療養費制度があります。年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みも設けられています。

所得・年齢ごとの自己負担限度額及び申請方法など詳細については、 厚生労働省のホームページ高額療養費制度を利用される皆さまへのPDFファイルをご覧ください。

  • 高額療養費の還付については、1ヶ月分ごとの支払額の合計が対象になります。
  • 高額医療費制度により、両眼の手術は、同一月内に手術を受ける方が還付が多くなる場合があります。
  • 生命保険に加入していて手術給付金特約がある方は、給付金を受けることができる場合があります。詳しくは、ご契約の生命保険会社にご確認ください。
  • 高額医療費手術給付金について
  • おおしま眼科
  • かわさき眼科
  • 小川内科・糖尿病内科クリニック
  • 情熱医療 プロフェッショナルドクター
072-975-6011
© おおしま眼科池本クリニック All rights reserved.

ページ
TOPへ