硝子体手術(網膜剥離等)|八尾市の眼科 おおしま眼科池本クリニック|桜ヶ丘クリニックビル

5/1(火)よりお電話いただけます

近鉄八尾駅 北出口より徒歩6分

硝子体手術(網膜剥離等)

硝子体手術について

硝子体は、水晶体より奥にある眼球の大半を占める透明な卵白のようなドロッとした組織であり、眼球の形を保ち、中に入る光を屈折させる役目をしています。硝子体が様々な原因で網膜を引っ張ったり、炎症を持続させたり、濁ったり、出血することによって目の障害を引き起こします。

この硝子体腔に起こった疾患を治療する目的で、眼内の出血や濁りなどを硝子体といっしょに除去する手術が網膜硝子体手術です。 硝子体を切除するには、白目の部分に3カ所小さな穴を開け、そこから細い器具を眼内に挿入し、眼の中の出血や濁りを硝子体と共に取り除き、網膜にできた増殖膜や網膜裂孔を治し網膜の機能を回復させます。

手術顧問の大島 祐介医師は、この硝子体手術の分野で27Gというわずか0.4mmの世界最小の切開創での硝子体手術システムの開発者であり、年間に400例を超える豊富な硝子体手術の執刀経験を有する網膜硝子体疾患のスぺシャリストです。熟練の技術と大学病院や総合病院に並ぶ医療設備を整えた当クリニックで、安全な日帰り硝子体手術を行います。

アルコン社「Constellation」

手術方法

ほとんどの硝子体手術は局所麻酔で行います。 手術室で眼の消毒をした後に眼の下の部分に麻酔の注射をします。それでも痛みに過敏な方には、術中に適宜に麻酔を追加することでほとんどの痛みを取り除くことが可能です。

1.まず白目の部分に手術機器を挿入する小さな穴を3ヶ所あけます。

1つ目:
術中に眼球の形態を保つための 灌流液を入れるため
2つ目:
眼内を照らす照明を入れるため
3つ目:
硝子体を切除するカッターと呼ばれる器具 やピンセットなどのセッシやレーザー プローブを入れるため
硝子体手術方法
2.濁った硝子体を切除し、膜を取り除きます。

出血などで濁った硝子体をカッターで切除し、切除した分量だけ眼内に灌流液が入り置き換わっていきます。その後は疾患により、網膜上に張った膜をピンセットのような器具でめくったり、増殖膜と呼ばれる分厚い膜をハサミで切り取ったり、網膜にレーザーを照射したりと必要に応じて処置を行います。

3.網膜剥離や黄斑円孔などの疾患は、灌流液をガスに入れ換えて手術を終えます。

ガスで剥離した網膜を元の場所に張り戻したり、空いた穴を閉じさせたりします。ガスを注入した患者さんは術後数日間うつむき姿勢が必要になります。 これ以外に、白内障に罹っている患者さんは白内障手術も同時に行うことがあります。

手術の注意事項

  • 内科疾患のある方は、手術前に主治医に確認しますのでお薬手帳をお持ちください。
  • 手術時間は疾患によりますが、軽症なら1時間弱、重症の場合は2時間かかります。
  • 硝子体手術と同時に白内障手術が必要な方は、白内障術前検査を行います。
  • ここ数年来の手術の進歩によって、ほとんどの疾患は短時間の手術で日帰り手術が可能となりましたが、全身状態が不良などを理由に入院を強くご希望の患者さんには連携の医療機関をご紹介いたします。
  • 手術内容や術後視力は、患者様の病気の状態によってさまざまです。手術前に主治医か ら詳しく説明させて頂きますのでご安心下さい。

術後の視力は、手術前の病気の状態によって大きな差があります。手術が必要となったら、視力の回復のために、時機を逃さず、なるべく早い段階で手術を受けることが大切です。

術後のうつむき姿勢について

手術終了時に硝子体内にガスを注入した場合、術後にうつむき姿勢が必要となります。黄斑円孔や網膜剥離の方は必須です。

術後のうつむき姿勢
  • 高額医療費手術給付金について
  • おおしま眼科
  • かわさき眼科
  • 小川内科・糖尿病内科クリニック
  • 情熱医療 プロフェッショナルドクター
072-975-6011

ページ
TOPへ